FXの取引で利益を出すということは自分が取引をしたすべての取引で利益を出すということではなく、取引を何回もしていて勝ったり、負けたりしますが、そのトータルの成績でプラスになっているというのがFXの取引で利益を出すということです。

 

そのためFXの取引ではいかに利益が損を上回るようにするのかを考える必要があると言えます。

 

 

 

そしてFXの取引で利益が損を上回るためには損を出来るだけ少なくする必要があると言え、そのために損切りをする必要があります。

 

損切りとは取引をして損が出てしまった場合にこれ以上大きな損にならないように決済して損を確定させることを言います。

 

 

 

そして損切りができるようになればFXの取引で利益を出せるようになるまですごそこであると言えます。なぜならFXの取引で損切りをすれば損は少ないので、その少ない損を上回る利益を上げることによって利益を出すことができるからです。


このページの先頭へ戻る