初めての雇用統計

FX市場に初めて参加した頃は、少ない枚数でコツコツと参加していました、最初はちょっと上がったら売って、という事を繰り返し、これってコツコツとやってればいつか金持ちになるな、みたいな錯覚が起こりました、リスクをコントロールして細かく終始利確していけば負ける事が無いみたいな感覚です。

 

当時はレンジ相場という言葉も知らずに、規則正しい上下の中で細かく利益確定を繰り返し、資金はすぐに30%程増えました、そして枚数を増やしていけばもっと儲かるぞと安直な考えから、枚数を増やした時に、急激な動きを見せて、一瞬でロスカットを喰らってしまったのです。

 

当時それが雇用統計という事も知らず、雇用統計時には激しい値動きを見せるとか、FX市場でどんな要因で通貨が動く事があるのかなど全く知らずに行っており、雇用統計の洗礼を手痛く浴びてしまい、夜も眠れずに過ごしました。


このページの先頭へ戻る