アベノミクスで大きな利益を産む

FXで稼ぐなら幅(pips)を取り、枚数(lot)を貼る事が重要です。

 

FXの利益と損失は Pips×Lots で算出される為に、大きい利益を得るには大きい枚数の取引が必要です。
少額資金で大きい枚数を取るには日本の業者では規制がかかり、海外のハイレバレッジFX会社が必要になります。

 

アベノミクスの直前にハイレバ可能な業者を扱いはじめ、私も大きな利益を出す事が出来ました。
政権交代の空気があったので、必ずロングポジションを取れば行ける手応えは多くの投資家にあった局面ですし、早い地点で
参加するほどリスクも少ないのは明確な相場でした、中々無い局面でしたから、ここぞとばかりに資金投入し、枚数を張る事に成功しました。

 

現在も7月の選挙やTPPと市場が動く局面は続きますから、まだまだ出遅れた方でも大きな利益を出すチャンスが転がっています、その時に大きい枚数を貼るにはハイレバ活用していく事で、FX市場にとっても面白すぎる場が続くので楽しみです。

アベノミクスで大きな利益を産む/アベノミクスの今だからFXに注目記事一覧

個人が大きいレバレッジをかけて取引するならば、海外のFX業者を選択すれば可能です。私もハイレバ規制がかかり、現在の25倍のレバレッジになってからは、そのレバレッジで取引していましたが、資金も少なかったので、あまり大きな賭けが出来なくなり面白味が失せていました、しかも全体的に円高局面で、当時は巷でドル円は50円になるという触れ込みもありましたが、ロングの仕込み時期と思っていたので、海外業者を選択しま...
FX市場に初めて参加した頃は、少ない枚数でコツコツと参加していました、最初はちょっと上がったら売って、という事を繰り返し、これってコツコツとやってればいつか金持ちになるな、みたいな錯覚が起こりました、リスクをコントロールして細かく終始利確していけば負ける事が無いみたいな感覚です。当時はレンジ相場という言葉も知らずに、規則正しい上下の中で細かく利益確定を繰り返し、資金はすぐに30%程増えました、そし...
FXは外貨を交換して利益を生み出す投資のことを言います。投資といえば株取引がメジャーとなっていますが、株とFXの明確な違いとは一体何なのでしょうか。それは少ない資金からでも大きな利益を生み出すことが出来る点にあります。投資が敷居の高いものだと考えられている理由の一つに、資金面の問題があります。投資で利益を出そうと考えるのならば、それ相応の資金が無くてはいけません。例えば、10万円の資金があったとし...
通貨でも相性の悪い通貨があり、どうしてもトラウマになっているモノがあります。今までロスカットを喰らうのは大抵ポン円を扱った時です、上下が数十円で動き、一時的に大人しいと思っても、ある日突然暴れ回す通貨です、流れに乗れば大儲けが狙えるのですが、本当に私には愛称が悪く、いつも底で売ってしまい、頂上で買ってしまうのです。普段チャートを眺めても、当分動かないな、と思って資金投入すると私の思惑と違う方向に行...
FXの取引で利益を出すということは自分が取引をしたすべての取引で利益を出すということではなく、取引を何回もしていて勝ったり、負けたりしますが、そのトータルの成績でプラスになっているというのがFXの取引で利益を出すということです。そのためFXの取引ではいかに利益が損を上回るようにするのかを考える必要があると言えます。そしてFXの取引で利益が損を上回るためには損を出来るだけ少なくする必要があると言え、...

このページの先頭へ戻る